シミ抜きのアドバイス

ここに記載している事は、あくまで応急措置とお考え下さい。汚れは、擦ると繊維の奥へ奥へと入っていきます。また、細く切れやすいシルクなどの繊維は、擦ると衣類自体にダメージを与える事もありますので、タオルなどで上から押さえて汚れが広がらないようにして、出来るだけ触らずに持って来て下さい。

種類 応急手当 シミのとり方
ソース、醤油 水でしぼったハンカチか懐紙でつまみとっておく。口で吸い取る。 水で絞った布でたたく。
  • 石けん液でとる。
  • 白物は漂白。
果汁 水洗い。中性洗剤でとる。
酢酸か酢でとる。
茶、コーヒー
酒、ビール 水でしぼったハンカチでたたく。
  • ぬるま湯で絞った布でたたく。
  • 中性洗剤でとる。
    古いものは酢酸かアルコールでとる。
カビ ブラシでこする。 アンモニア水か石けん液でとる。
靴墨 そのままにしておく。※ ベンジンかテレビン液でとる。石けん液でとる。
ミルク、バター ミルクは水で絞った布で、又バターは乾いた布でつまみとっておく。 ベンジンでとり、アンモニア水か石けん液で繰返したたき出す。すべて熱は禁物。
ファンデーション ビロードの布で拭く。 ベンジンでとり、とり除けないものは温石けん液でとる。
青インキ 布でつまみとっておき早く手当てをする。 石けん液でとる。蓚酸の温液で処理してからアンモニア液でとるか、白物は漂白剤を使う。
赤インキ 温石けん液でとる。酢酸かアルコールでとる。
墨汁 水でしぼったハンカチでたたく。 ご飯粒に洗剤を混ぜたもので繰返しもみ出す。石けん洗い。
印肉 そのままにしておく。※ ベンジンでとる。温石けん液でとる。
チューインガム 氷でひやしかためて、出来るだけはがしとっておく。 四塩化炭素かシンナーか除光液でもみ出す。(シンナー、除光液はアセテート、ポリ塩化ビニルには使えない)
水でゆるく絞った布でたたく。 ぬるま湯でたたく。アンモニア液でとる。
古くなったものは温蓚酸液で漂白する。
血液 水で洗う。 水洗いか石けん洗い。
アンモニア液でとれる。
口紅 そのままにしておく。※ ベンジンでとる。温石けん液でもみとる。
アルコールでたたき出す。
泥はね そのまま乾かす。 渇いたものはブラシで軽くこする。
石けん液でとる。
コールタール そのままにしておく。※ シンナーでもみ出す。(アセテート、ポリ塩化ビニルは使用不可)後石けん液でとる。
自動車油 乾いた布でおさえて吸いとる。 ベンジンを含ませた布でたたく。
洗剤液を含ませた布でもみとる。
接着のり そのままにしておく。※ 除光液を含ませた布でもみとる。
(アセテート、ポリ塩化ビニルには使えない)
ペンキ そのままにしておく。※ テレビン油かシンナーでもみ出す。
クレヨン ベンジンでよく洗う。後石けん液でとる。

※シミ抜きはお早めにプロへお任せください。

ページの先頭に戻る