家庭洗濯に関するQ&A

家庭洗濯のご質問にお答えします。お客様から実際に頂いたお問い合わせですので、お役に立てて頂ければと思います。
その他、ご質問がある方は「衣類の何でも相談室」をご利用下さい。

洗剤はたくさん入れると綺麗になるの? 洗剤はある程度の濃度まで達すると、それ以上は濃度を増しても洗浄力はそれほど上昇しません。洗剤を入れすぎると濯ぎに時間がかかり水の無駄にもなります。
また、洗剤が少なすぎても汚れが除去出来ないばかりか再付着して「くすみ」の原因にもなりますので、洗剤は表示された使用量を守って洗うのが最も効果的です。
色落ちが気になる衣類の洗濯方法は? クリーニング屋さんは酢酸を使用します。
ご家庭では酢を代用して頂いて、少し入れて洗えばある程度の色落ちは防げます。
塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の違いは? 塩素系漂白剤の主成分は「次亜塩素酸ナトリウム」、酸素系漂白剤の主成分は「過炭酸ナトリウム」です。
塩素系漂白剤は漂白力と殺菌力が強力なのですが、染料まで脱色しますので色柄物には使用しないで下さい。
間違えて塩素系漂白剤で漂白したけど元に戻る? 漂白したという事は、その部分の色が無くなっている状態です。
部分的に白くなった衣類を元の色に戻すのは困難です。
毛皮を水洗いして乾燥機に入れたら思いっ切り縮んでしまったけど直りますか? 残念ですが直りません。
繊維などによっては熱や水で極端に縮んだりする物があります。
お洗濯物を全てクリーニング屋さんに出す必要はありませんが、ご家庭では困難な物はプロにお任せ下さい。
洗剤と柔軟仕上剤は一緒に入れても良いの? 洗剤は主成分が陰イオン(-)、柔軟仕上剤は主成分が陽イオン(+)に分類されるため一緒に使うと打ち消し合って両方とも、本来の効果を発揮しなくなります。
柔軟仕上剤は最後の濯ぎの時に入れるのが効果的です。
家庭用ドライクリーニング洗剤で綺麗になりますか? 名前が似ているので間違ておられる方が多いのですが、「ドライクリーニング」と「家庭用ドライクリーニング洗剤」は全く違います。
専門的な内容は長くなるので省きますが、「家庭用ドライクリーニング洗剤」は、「ドライクリーニング」では殆ど使用しない水を使用します。そのため衣類の形状変化や風合変化、色落ちなどのトラブルが起こる可能性があります。
また洗浄中に力を十分にかけれない事から、洗浄力はご期待されておられるほど高くないとお考え下さい。
シミが付いたけど、しばらく放っておいても大丈夫? シミは付いてからの時間が、取れるか取れないかを左右する最重要ポイントの一つです。
もちろん処理が早ければ早いほど、取れる可能性は高まります。
シミが付いてから2週間以上経ちますと、繊維自体を染めてしまって取れなくなる可能性もあるので要注意です。
他社で取れなかったシミを白星社に持って行ったら取れる? シミは下の1~5によって取れる可能性が決まります。
  1. 技術力や設備
  2. 付いてからの時間
  3. 付いてからの温度変化
  4. 付着したシミの成分と生地の相性
  5. 生地の色の強さや生地自体の強度
この様に単純に技術力だけの問題ではないため、聞いただけでは分かりませんので見せて頂けたらと思います。逆に「どんなシミでも絶対に落とせる」というクリーニング屋さんは有り得ないと私達は思います。
ページの先頭に戻る